マスタードチキンとパインのパワーサラダ

40分
264kcal/1人分

材料2人分

鶏もも肉・・150g
塩、こしょう・・各少々

【A】

パイナップル(あらみじん切り)・・大さじ3
白ワイン・・大さじ1
粒マスタード・・大さじ1
にんにく(みじん切り)・・小さじ1
しょうゆ・・小さじ1

【B】

パイナップル・・100g
サラダ油・・大さじ1
酢・・小さじ2
塩・・ふたつまみ
こしょう・・少々
ドライハーブミックス・・少々

セロリ・・8cm
クレソン・・2~3本
サニーレタス・・1~2枚
さやいんげん(ゆでたもの)・・4本
プチトマト・・3個
紫玉ねぎ(みじん切り)・・大さじ3


作り方

らくらく美味しく作るには

ジップロック®スクリューロック®

冷凍保存から電子レンジ加熱までOK。下ごしらえや料理作りでいろいろ使えるキッチンツールとして大活躍!

鶏肉は包丁を入れ厚みを均一にし、塩、こしょうをふる。「ジップロック®ストックバッグ(M)」にAを合わせ、鶏肉を入れ、バッグの外からもんでなじませる。空気を抜きながらジッパーを閉め、15分おく。


Bのパイナップルは7~8mm厚さのいちょう切りにし、「ジップロック®スクリューロック®(300ml)」に残りのBの材料とともに入れる。フタを閉めて容器をなるべく水平にして横にふって混ぜ、冷蔵室で冷やしておく。


セロリ、クレソンは4cm長さに切り、セロリは薄切りにする。サニーレタスは手でちぎる。これらを氷水に入れ、パリッとしたら水けをよくふき取る。4cm長さに切ったさやいんげんとともに、「ジップロック®コンテナー(長方形1100ml)」に入れ、冷蔵室で冷やしておく。

「ジップロック®コンテナー(長方形1100ml)」はカット野菜の保存に便利。


フライパンに「クックパー®フライパン用ホイル」を敷き、漬けだれをぬぐった(1)を皮を下にしてのせる。中火で1分ほど焼き、その後は火を弱め、中~弱火で両面を2~3分ずつ、火が通るまで焼く。あら熱をとり、食べやすい大きさに切る。


器に(3)の野菜を盛りつける。(2)をフタを閉めたまま軽く水平にふる。(2)のパイナップル、(4)、縦4等分に切ったプチトマトを彩りよく盛りつけ、「スクリューロック®」に残ったドレッシングをかけ、紫玉ねぎを散らす。


ワンポイント

・たっぷりの野菜にマスタード風味のチキンがのったボリュームサラダ。ドレッシングでマリネした甘酸っぱいパイナップルが味のポイントです。
・鶏肉をパイナップルで漬け込むと、パイナップルの酵素の働きで、肉がやわらかく仕上がります。漬け時間が長いとやわらかくなりすぎ、食感が悪くなるので、15分たったらそのまま放置せず、すぐに焼いてください。



おすすめレシピ

レシピ一覧に戻る

※当レシピは旭化成ホームプロダクツ(株)が提供しております。無許可での転用・転載はご容赦ください。

料理を作る際のご注意

閉じる

  • 商品のパッケージに取り扱い上のご注意などが詳しく記載されています。必ずご覧の上ご使用ください。
  • 1カップは200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5mlを基準としています。
  • 調理時間はあくまでも目安です。漬け込み時間や冷却時間は含んでいません。加熱時間は様子を見ながら加減してください。
  • オーブンの温度と焼き時間は、様子を見ながら加減してください。
  • 600Wの電子レンジを使用の際は、500Wの加熱時間に0.8をかけた時間が目安です。

【「サランラップ®」をお使いの際】

  • 容器にラップをかけるときはゆったりと余裕を持ってかけてください。蒸気でラップが押し上げられ、破れることがあります。
  • 電子レンジ加熱後、蒸気で火傷するおそれがありますので、容器の向こう側からラップをつまみ、手前に引くようにしてはずしてください。

【「ジップロック®」をお使いの際】

  • 「フリーザーバッグ」「ストックバッグ」「スタンディングバッグ」に液状食品を入れて横置きする場合や解凍する場合は、受け皿をご使用ください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジからとり出すときは、容器が熱くなっていますので気をつけてください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱後は、あら熱が取れるまでフタをしないでください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱する際は、フタをずらしてご使用ください。

【「クックパー®」をお使いの際】

  • 加熱後「クックパー®包み」を開く際は、蒸気による火傷にご注意ください。
  • 調理中および調理直後の「フライパン用ホイル」には直接触れないでください。高温で火傷するおそれがあります。
  • 「アク・脂取りシート」を鍋に入れたり取り出す際は、箸などをご使用ください。鍋や煮汁で火傷をするおそれがあります。
  • 「レンジで焼き魚ボックス」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。
      また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出し、魚の身はねや蒸気などによる火傷にご注意ください。
  • 「レンジでから揚げトレー」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出してください。
  • 「レンジでから揚げトレー」は加熱後、から揚げがはじけることがあります。また加熱後の食品やトレーのみぞに落ちた油は熱いので、火傷にご注意ください。