メニュー

冷や汁風サバ缶うどん

15分

396kcal/1人分

冷凍食材活用レシピ

印刷

1人分

  • 冷凍したうどん・・150g
    サバ(水煮缶詰め)・・50g
    きゅうり・・20g
    もめん豆腐・・50g
  • 【A】
  • 煮干し・・3~4本
    水・・200ml
  • みそ・・大さじ1~1 1/2
    すり白ごま・・大さじ1
  • 【薬味】
  • 青じそ(せん切り)・・適量
    みょうが(せん切り)・・適量
    針しょうが・・適量
  • 氷・・適量

このレシピのおすすめアイテム

ジップロック®スクリューロック®

フタをまわして簡単・スムーズに開け閉めできるので、開閉時に中身がこぼれにくく、液体の保存におすすめです。

下準備

「ジップロック®スクリューロック®(300ml)」にAを入れ、フタを閉めて冷蔵室で半日ほどおく。

きゅうりは薄い小口切りにする。もめん豆腐はキッチンペーパーに包み、水けをきっておく。

鍋に湯を沸かし、うどんを凍ったまま入れ、しばらくさわらずにおく。うどんが温まり、ほぐれてきたら箸でかき混ぜる。完全にほぐれたら、ざるにあげ、流水で冷やし、水けをよくきる。

「ジップロック®スクリューロック®」から煮干しを除き、みそをとき入れ、すりごまを加え混ぜる。

器に(2)を入れ、(3)を注ぐ。ほぐしたサバ、(1)のきゅうり、ちぎったもめん豆腐、薬味をのせ、氷を浮かべる。

ワンポイント

サバ缶を使ったラクラクレシピ!煮干しだしも冷蔵室に半日おくだけでOK!手軽に作れます。みその量は好みで調節してください。

あれこれ保存メモ

食べきれずに余ったうどんは冷凍保存できますが、コシがなく、やわらかくなります。胃腸の弱ったとき、幼児や高齢者向けなど、やわらかくして食べたいシーンで活用するとよいでしょう。冷や汁風に仕立てると、サラリと食べやすく、食欲の落ちる夏場におすすめです。

<<うどん・そうめんの冷凍保存方法はこちら>>

このレシピのおすすめアイテム

ジップロック®スクリューロック®

フタをまわして簡単・スムーズに開け閉めできるので、開閉時に中身がこぼれにくく、液体の保存におすすめです。

+
  • 商品のパッケージに取り扱い上のご注意などが詳しく記載されています。必ずご覧の上ご使用ください。
  • 1カップは200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5mlを基準としています。
  • 調理時間はあくまでも目安です。漬け込み時間や冷却時間は含んでいません。加熱時間は様子を見ながら加減してください。
  • オーブンの温度と焼き時間は、様子を見ながら加減してください。
  • 600Wの電子レンジを使用の際は、500Wの加熱時間に0.8をかけた時間が目安です。

【「サランラップ®」をお使いの際】

  • 容器にラップをかけるときはゆったりと余裕を持ってかけてください。蒸気でラップが押し上げられ、破れることがあります。
  • 電子レンジ加熱後、蒸気で火傷するおそれがありますので、容器の向こう側からラップをつまみ、手前に引くようにしてはずしてください。

【「ジップロック®」をお使いの際】

  • 「フリーザーバッグ」「ストックバッグ」「スタンディングバッグ」に液状食品を入れて横置きする場合や解凍する場合は、受け皿をご使用ください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジからとり出すときは、容器が熱くなっていますので気をつけてください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱後は、あら熱が取れるまでフタをしないでください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱する際は、フタをずらしてご使用ください。

【「クックパー®」をお使いの際】

  • 加熱後「クックパー®包み」を開く際は、蒸気による火傷にご注意ください。
  • 調理中および調理直後の「フライパン用ホイル」には直接触れないでください。高温で火傷するおそれがあります。
  • 「アク・脂取りシート」を鍋に入れたり取り出す際は、箸などをご使用ください。鍋や煮汁で火傷をするおそれがあります。
  • 「レンジで焼き魚ボックス」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。
      また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出し、魚の身はねや蒸気などによる火傷にご注意ください。
+
  • 商品のパッケージに取り扱い上のご注意などが詳しく記載されています。必ずご覧の上ご使用ください。
  • 1カップは200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5mlを基準としています。
  • 調理時間はあくまでも目安です。漬け込み時間や冷却時間は含んでいません。加熱時間は様子を見ながら加減してください。
  • オーブンの温度と焼き時間は、様子を見ながら加減してください。
  • 600Wの電子レンジを使用の際は、500Wの加熱時間に0.8をかけた時間が目安です。

【「サランラップ®」をお使いの際】

  • 容器にラップをかけるときはゆったりと余裕を持ってかけてください。蒸気でラップが押し上げられ、破れることがあります。
  • 電子レンジ加熱後、蒸気で火傷するおそれがありますので、容器の向こう側からラップをつまみ、手前に引くようにしてはずしてください。

【「ジップロック®」をお使いの際】

  • 「フリーザーバッグ」「ストックバッグ」「スタンディングバッグ」に液状食品を入れて横置きする場合や解凍する場合は、受け皿をご使用ください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジからとり出すときは、容器が熱くなっていますので気をつけてください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱後は、あら熱が取れるまでフタをしないでください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱する際は、フタをずらしてご使用ください。

【「クックパー®」をお使いの際】

  • 加熱後「クックパー®包み」を開く際は、蒸気による火傷にご注意ください。
  • 調理中および調理直後の「フライパン用ホイル」には直接触れないでください。高温で火傷するおそれがあります。
  • 「アク・脂取りシート」を鍋に入れたり取り出す際は、箸などをご使用ください。鍋や煮汁で火傷をするおそれがあります。
  • 「レンジで焼き魚ボックス」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。
      また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出し、魚の身はねや蒸気などによる火傷にご注意ください。