メニュー

水餃子(スイシャオズ)

90分

243kcal/1人分

世界の料理:中国

印刷

4人分

  • 【皮】
  • 薄力粉・・100g
    強力粉・・45g
    水・・90~100ml
    塩・・ひとつまみ
  • 【具】
  • 豚ひき肉・・120g
    塩・・小さじ1/3
    酒・・大さじ1
    ごま油・・小さじ2
    こしょう・・少々
    にら(みじん切り)・・1/2束分
    水・・大さじ1
  • 長ねぎ(青い部分)・・5cm
  • 【たれ】
  • しょうゆ・・大さじ3
    酢・・大さじ1 1/2
    しょうが汁・・大さじ1
    ごま油・・小さじ2
    ラー油・・少々

このレシピのおすすめアイテム

サランラップ®

水蒸気や酸素を通しにくいので、食品の乾燥やニオイ移りを防ぎます。密着性がよいので食品や容器にぴったりとくっつき、食品のおいしさを守ります。

皮を作る

ボウルに薄力粉と強力粉をふるい入れる。水に塩を入れてとかし、少量残してボウルに加え混ぜる。様子を見ながら手でこね、必要なら残した塩水を加えて、耳たぶくらいのかたさにする。なめらかになったらひとまとめにし、「サランラップ®」で包み、2時間ほど休ませる。

台に打ち粉(強力粉、分量外)をふり、生地を3等分してそれぞれを棒状にし、8等分ずつに切る。

ひとつを直径7cmくらいに丸くのばし、24枚作る(中心に少し厚みが残るようにのばすとよい)。

具を作る

ボウルにひき肉を入れて手でよく練り、塩を加えてさらによく練る。残りの調味料とにらを加え混ぜ、水を入れてかたさをととのえる。

仕上げる

皮で具を包み、乾かないよう「サランラップ®」をかけておく。

大きめの鍋にたっぷりの湯をわかし、(1)を入れ、餃子が浮き上がり、皮がつやよくプリッとするまでゆでる。

器に盛り、せん切りにした長ねぎを散らし、合わせたたれをつけながらいただく。

ワンポイント

・寒さの厳しい中国北部地方では、餃子は熱々の水餃子にして食べるのが一般的な食べ方です。日本人になじみの焼くスタイル(鍋貼子(クォテイエツ))は、翌日に残りもので行うことが多いようです。
・手作りの皮はのど越しもよく、モチモチとした弾力があり、格別のおいしさです。中国では大量に作って正月のお祝いに食べる習慣があります。

このレシピのおすすめアイテム

サランラップ®

水蒸気や酸素を通しにくいので、食品の乾燥やニオイ移りを防ぎます。密着性がよいので食品や容器にぴったりとくっつき、食品のおいしさを守ります。

+
  • 商品のパッケージに取り扱い上のご注意などが詳しく記載されています。必ずご覧の上ご使用ください。
  • 1カップは200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5mlを基準としています。
  • 調理時間はあくまでも目安です。漬け込み時間や冷却時間は含んでいません。加熱時間は様子を見ながら加減してください。
  • オーブンの温度と焼き時間は、様子を見ながら加減してください。
  • 600Wの電子レンジを使用の際は、500Wの加熱時間に0.8をかけた時間が目安です。

【「サランラップ®」をお使いの際】

  • 容器にラップをかけるときはゆったりと余裕を持ってかけてください。蒸気でラップが押し上げられ、破れることがあります。
  • 電子レンジ加熱後、蒸気で火傷するおそれがありますので、容器の向こう側からラップをつまみ、手前に引くようにしてはずしてください。

【「ジップロック®」をお使いの際】

  • 「フリーザーバッグ」「ストックバッグ」「スタンディングバッグ」に液状食品を入れて横置きする場合や解凍する場合は、受け皿をご使用ください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジからとり出すときは、容器が熱くなっていますので気をつけてください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱後は、あら熱が取れるまでフタをしないでください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱する際は、フタをずらしてご使用ください。

【「クックパー®」をお使いの際】

  • 加熱後「クックパー®包み」を開く際は、蒸気による火傷にご注意ください。
  • 調理中および調理直後の「フライパン用ホイル」には直接触れないでください。高温で火傷するおそれがあります。
  • 「アク・脂取りシート」を鍋に入れたり取り出す際は、箸などをご使用ください。鍋や煮汁で火傷をするおそれがあります。
  • 「レンジで焼き魚ボックス」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。
      また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出し、魚の身はねや蒸気などによる火傷にご注意ください。
+
  • 商品のパッケージに取り扱い上のご注意などが詳しく記載されています。必ずご覧の上ご使用ください。
  • 1カップは200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5mlを基準としています。
  • 調理時間はあくまでも目安です。漬け込み時間や冷却時間は含んでいません。加熱時間は様子を見ながら加減してください。
  • オーブンの温度と焼き時間は、様子を見ながら加減してください。
  • 600Wの電子レンジを使用の際は、500Wの加熱時間に0.8をかけた時間が目安です。

【「サランラップ®」をお使いの際】

  • 容器にラップをかけるときはゆったりと余裕を持ってかけてください。蒸気でラップが押し上げられ、破れることがあります。
  • 電子レンジ加熱後、蒸気で火傷するおそれがありますので、容器の向こう側からラップをつまみ、手前に引くようにしてはずしてください。

【「ジップロック®」をお使いの際】

  • 「フリーザーバッグ」「ストックバッグ」「スタンディングバッグ」に液状食品を入れて横置きする場合や解凍する場合は、受け皿をご使用ください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジからとり出すときは、容器が熱くなっていますので気をつけてください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱後は、あら熱が取れるまでフタをしないでください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱する際は、フタをずらしてご使用ください。

【「クックパー®」をお使いの際】

  • 加熱後「クックパー®包み」を開く際は、蒸気による火傷にご注意ください。
  • 調理中および調理直後の「フライパン用ホイル」には直接触れないでください。高温で火傷するおそれがあります。
  • 「アク・脂取りシート」を鍋に入れたり取り出す際は、箸などをご使用ください。鍋や煮汁で火傷をするおそれがあります。
  • 「レンジで焼き魚ボックス」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。
      また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出し、魚の身はねや蒸気などによる火傷にご注意ください。