メニュー

キエフ風チキンカツレツ

30分

816kcal/1人分

世界の料理:ロシア

印刷

4人分

  • 鶏胸肉(皮なし)・・4枚(800g)
    塩、こしょう・・各少々
  • 【A】
  • バター・・40g
    タラゴン(ドライ)・・小さじ1
    レモン汁・・小さじ1
    塩・・小さじ1/4
    こしょう・・少々
  • 小麦粉・・適量
    とき卵・・適量
    パン粉・・適量
    揚げ油・・適量

このレシピのおすすめアイテム

サランラップ®

ハリ・コシがあって丈夫なので、料理の成形作業にぴったり。繊細な形もきれいに決まります。

バターは室温に戻してやわらかく練り、Aのその他の材料を加えて混ぜ合わせる。「サランラップ®」で包んで直径1.5cm太さの棒状に成形し、冷蔵室で冷やしかためる。

「サランラップ®」でタラゴンバターを包み、細長い棒状に成形する。

鶏肉は、1/2の大きさに切る。それぞれ身の厚い部分に切れ目を入れて開き、厚みを均一にする。肉の両面に塩、こしょうをふり、8等分に切った(1)のタラゴンバターを手前側にのせる。

下味をつけた鶏肉にタラゴンバターをのせる。

バターを中心にして端からきっちりと巻いていき、巻き終わりはつまようじで止める(加熱調理中にバターが流れ出ないようにしっかりと包む)。

しっかり巻き、巻き終わりはつまようじで止める。

「ジップロック®コンテナー(長方形1100ml)」2個それぞれに小麦粉とパン粉を入れ、衣つけの準備をする。(3)に小麦粉をまぶし、とき卵にくぐらせ、パン粉をつける。170~180℃に熱した油で5~6分、きつね色になるまで揚げる。

つまようじを抜いて、器に盛りつける。

ワンポイント

・ナイフで切ると、おいしそうにバターが流れ出します(バターが飛び出すことがあるので注意)。
・シンプルな味わいなので、下味はしっかりつけましょう。
・タラゴンはシベリア原産のハーブ。肉・魚料理のほか、オイルやドレッシングの香りづけに用いられます。

このレシピのおすすめアイテム

サランラップ®

ハリ・コシがあって丈夫なので、料理の成形作業にぴったり。繊細な形もきれいに決まります。

+
  • 商品のパッケージに取り扱い上のご注意などが詳しく記載されています。必ずご覧の上ご使用ください。
  • 1カップは200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5mlを基準としています。
  • 調理時間はあくまでも目安です。漬け込み時間や冷却時間は含んでいません。加熱時間は様子を見ながら加減してください。
  • オーブンの温度と焼き時間は、様子を見ながら加減してください。
  • 600Wの電子レンジを使用の際は、500Wの加熱時間に0.8をかけた時間が目安です。

【「サランラップ®」をお使いの際】

  • 容器にラップをかけるときはゆったりと余裕を持ってかけてください。蒸気でラップが押し上げられ、破れることがあります。
  • 電子レンジ加熱後、蒸気で火傷するおそれがありますので、容器の向こう側からラップをつまみ、手前に引くようにしてはずしてください。

【「ジップロック®」をお使いの際】

  • 「フリーザーバッグ」「ストックバッグ」「スタンディングバッグ」に液状食品を入れて横置きする場合や解凍する場合は、受け皿をご使用ください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジからとり出すときは、容器が熱くなっていますので気をつけてください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱後は、あら熱が取れるまでフタをしないでください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱する際は、フタをずらしてご使用ください。

【「クックパー®」をお使いの際】

  • 加熱後「クックパー®包み」を開く際は、蒸気による火傷にご注意ください。
  • 調理中および調理直後の「フライパン用ホイル」には直接触れないでください。高温で火傷するおそれがあります。
  • 「アク・脂取りシート」を鍋に入れたり取り出す際は、箸などをご使用ください。鍋や煮汁で火傷をするおそれがあります。
  • 「レンジで焼き魚ボックス」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。
      また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出し、魚の身はねや蒸気などによる火傷にご注意ください。
+
  • 商品のパッケージに取り扱い上のご注意などが詳しく記載されています。必ずご覧の上ご使用ください。
  • 1カップは200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5mlを基準としています。
  • 調理時間はあくまでも目安です。漬け込み時間や冷却時間は含んでいません。加熱時間は様子を見ながら加減してください。
  • オーブンの温度と焼き時間は、様子を見ながら加減してください。
  • 600Wの電子レンジを使用の際は、500Wの加熱時間に0.8をかけた時間が目安です。

【「サランラップ®」をお使いの際】

  • 容器にラップをかけるときはゆったりと余裕を持ってかけてください。蒸気でラップが押し上げられ、破れることがあります。
  • 電子レンジ加熱後、蒸気で火傷するおそれがありますので、容器の向こう側からラップをつまみ、手前に引くようにしてはずしてください。

【「ジップロック®」をお使いの際】

  • 「フリーザーバッグ」「ストックバッグ」「スタンディングバッグ」に液状食品を入れて横置きする場合や解凍する場合は、受け皿をご使用ください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジからとり出すときは、容器が熱くなっていますので気をつけてください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱後は、あら熱が取れるまでフタをしないでください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱する際は、フタをずらしてご使用ください。

【「クックパー®」をお使いの際】

  • 加熱後「クックパー®包み」を開く際は、蒸気による火傷にご注意ください。
  • 調理中および調理直後の「フライパン用ホイル」には直接触れないでください。高温で火傷するおそれがあります。
  • 「アク・脂取りシート」を鍋に入れたり取り出す際は、箸などをご使用ください。鍋や煮汁で火傷をするおそれがあります。
  • 「レンジで焼き魚ボックス」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。
      また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出し、魚の身はねや蒸気などによる火傷にご注意ください。