そば粉のガレット

40分
349kcal/1人分
世界の料理:フランス

材料4人分

【ガレット生地(作りやすい分量)】

そば粉・・100g   
塩・・ひとつまみ    
とき卵・・1/2個分
水・・・300ml

卵・・4個  
グリエールチーズ・・120g

【A】

しめじ・・150g   
ベーコン・・2枚(40g)
バター・・小さじ1

塩、こしょう・・各少々  
サラダ油・・適量
とかしバター・・適量


作り方

らくらく美味しく作るには

サランラップ®

水蒸気や酸素を通しにくいので、食品の乾燥やにおい移りを防ぎます。密着性がよいので食品や容器にぴったりとくっつき、食品のおいしさを守ります。

ボウルにそば粉と塩を混ぜ合わせ、とき卵と水1/3量を加えて泡立て器で粉が見えなくなるまで混ぜる。残りの水を少しずつ加え、そのつどよく混ぜる。「サランラップ®」でふたをし、冷蔵室で30分ほど休ませる。


チーズはチーズおろし器ですりおろすか、薄く切る。


しめじは石づきをとって小房に分ける。ベーコンは1cm幅に切る。30cmの正方形に切った「クックパー®クッキングシート」を、対角線で折り、耐熱皿に広げ、中央にしめじ、ベーコン、Aのバターをのせ、塩、こしょうをふる。「クックパー®包み」の手順に従って包み、電子レンジ(500W)で約3分加熱する。加熱後、包みの真ん中から開き、よくかき混ぜておく。


温めたフライパンにサラダ油を薄く塗り、玉じゃくし1~2杯分の生地を薄く広げ、中~弱火で、2分ほど焼く。


上面の色が変わってきたら、チーズの1/4量を土手を作るようにのせ、中心に卵を割り入れ、卵の周囲に(3)の1/4量をのせる。ふたをして卵が半熟状になるまで、弱火で約2分焼く。

チーズで土手を作り、順に具をのせていく。


火を止めて卵に塩、こしょうをふり、4辺を折りたたみ、器に盛りつける。熱いうちにとかしバターを生地の表面に塗っていただく。


ワンポイント

・フランス北西部ブルターニュ地方のそば粉を使ったクレープです。専用の鍋で平たく大きく焼いたクレープに、ハムや卵などの具をのせて食事としていただきます。
・トッピングは好きなものをのせればOK。「クックパー®クッキングシート」を使えば、きのこのソテー、いんげんのソテーなどの具が簡単に作れます。

あれこれ保存メモ

余ったガレットは冷凍保存できます。焼いたガレットを「サランラップ®」で包み(2枚重ねてもOK)、「ジップロック®フリーザーバッグ」に入れて冷凍保存。使うときは電子レンジ解凍か自然解凍し、フライパンで同様に焼きます。

おすすめレシピ

レシピ一覧に戻る

※当レシピは旭化成ホームプロダクツ(株)が提供しております。無許可での転用・転載はご容赦ください。

料理を作る際のご注意

閉じる

  • 商品のパッケージに取り扱い上のご注意などが詳しく記載されています。必ずご覧の上ご使用ください。
  • 1カップは200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5mlを基準としています。
  • 調理時間はあくまでも目安です。漬け込み時間や冷却時間は含んでいません。加熱時間は様子を見ながら加減してください。
  • オーブンの温度と焼き時間は、様子を見ながら加減してください。
  • 600Wの電子レンジを使用の際は、500Wの加熱時間に0.8をかけた時間が目安です。

【「サランラップ®」をお使いの際】

  • 容器にラップをかけるときはゆったりと余裕を持ってかけてください。蒸気でラップが押し上げられ、破れることがあります。
  • 電子レンジ加熱後、蒸気で火傷するおそれがありますので、容器の向こう側からラップをつまみ、手前に引くようにしてはずしてください。

【「ジップロック®」をお使いの際】

  • 「フリーザーバッグ」「ストックバッグ」「スタンディングバッグ」に液状食品を入れて横置きする場合や解凍する場合は、受け皿をご使用ください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジからとり出すときは、容器が熱くなっていますので気をつけてください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱後は、あら熱が取れるまでフタをしないでください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱する際は、フタをずらしてご使用ください。

【「クックパー®」をお使いの際】

  • 加熱後「クックパー®包み」を開く際は、蒸気による火傷にご注意ください。
  • 調理中および調理直後の「フライパン用ホイル」には直接触れないでください。高温で火傷するおそれがあります。
  • 「アク・脂取りシート」を鍋に入れたり取り出す際は、箸などをご使用ください。鍋や煮汁で火傷をするおそれがあります。
  • 「レンジで焼き魚ボックス」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。
      また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出し、魚の身はねや蒸気などによる火傷にご注意ください。
  • 「レンジでから揚げトレー」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出してください。
  • 「レンジでから揚げトレー」は加熱後、から揚げがはじけることがあります。また加熱後の食品やトレーのみぞに落ちた油は熱いので、火傷にご注意ください。