キウイドレッシング

5分
366kcal/全量

材料作りやすい分量

冷凍したキウイ※・・50g
酢・・大さじ2
サラダ油・・大さじ3
塩・・小さじ1/3
こしょう・・少々

※生でも作れますが、すりおろすため、冷凍したキウイが便利です。


作り方

らくらく美味しく作るには

ジップロック®スクリューロック®

フタをまわして簡単・スムーズに開け閉めできるので、開閉時に中身がこぼれにくく、液体の保存におすすめです。

キウイは凍ったまますりおろし、「ジップロック®スクリューロック®(300ml)」に入れ、室温に4~5分おいて軽くとかす。


(1)に残りの材料を加え、フタをしっかりと閉め、容器をなるべく水平にして横によく振る。白濁し、しっかりと混ざったら、好みのサラダにかけていただく。


活用法1「かぶとチキンのサラダ」

かぶは皮をむいて薄めのいちょう切り、水菜はざく切り、サラダ用チキン(※)は食べやすい大きさに切り、器に盛りつけプチトマトを飾り、キウイドレッシングをかける。

※サラダ用チキンは簡単に手作りできます!
≪「レンジで簡単!自家製サラダ用チキン」の作り方はこちら≫


活用法2「カプレーゼ風サラダ」

ちぎったエンダイブ(サラダ菜でも)、適当な大きさに切ったトマトとモッツアレラチーズ、生ハムを器に盛りつけ、キウイドレッシングをかける。


ワンポイント

・キウイを入れるとドレッシングが分離しにくくなるため、油の量をおさえられます。
・キウイのさわやかな甘酸っぱさが、塩けのあるチキンやハムを使ったサラダによく合います。魚介のマリネなどに使ってもよいでしょう。

あれこれ保存メモ

キウイがたくさん手に入ったら、冷凍してみましょう。スムージーやジャムに、デザート作りに、料理のアクセントに、いろいろ利用できます。

≪キウイの冷凍保存方法はこちら≫

おすすめレシピ

レシピ一覧に戻る

※当レシピは旭化成ホームプロダクツ(株)が提供しております。無許可での転用・転載はご容赦ください。

料理を作る際のご注意

閉じる

  • 商品のパッケージに取り扱い上のご注意などが詳しく記載されています。必ずご覧の上ご使用ください。
  • 1カップは200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5mlを基準としています。
  • 調理時間はあくまでも目安です。漬け込み時間や冷却時間は含んでいません。加熱時間は様子を見ながら加減してください。
  • オーブンの温度と焼き時間は、様子を見ながら加減してください。
  • 600Wの電子レンジを使用の際は、500Wの加熱時間に0.8をかけた時間が目安です。

【「サランラップ®」をお使いの際】

  • 容器にラップをかけるときはゆったりと余裕を持ってかけてください。蒸気でラップが押し上げられ、破れることがあります。
  • 電子レンジ加熱後、蒸気で火傷するおそれがありますので、容器の向こう側からラップをつまみ、手前に引くようにしてはずしてください。

【「ジップロック®」をお使いの際】

  • 「フリーザーバッグ」「ストックバッグ」「スタンディングバッグ」に液状食品を入れて横置きする場合や解凍する場合は、受け皿をご使用ください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジからとり出すときは、容器が熱くなっていますので気をつけてください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱後は、あら熱が取れるまでフタをしないでください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱する際は、フタをずらしてご使用ください。

【「クックパー®」をお使いの際】

  • 加熱後「クックパー®包み」を開く際は、蒸気による火傷にご注意ください。
  • 調理中および調理直後の「フライパン用ホイル」には直接触れないでください。高温で火傷するおそれがあります。
  • 「アク・脂取りシート」を鍋に入れたり取り出す際は、箸などをご使用ください。鍋や煮汁で火傷をするおそれがあります。
  • 「レンジで焼き魚ボックス」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。
      また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出し、魚の身はねや蒸気などによる火傷にご注意ください。
  • 「レンジでから揚げトレー」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出してください。
  • 「レンジでから揚げトレー」は加熱後、から揚げがはじけることがあります。また加熱後の食品やトレーのみぞに落ちた油は熱いので、火傷にご注意ください。