豚バラと野菜のぎゅうぎゅう焼き

60分
384kcal/1人分(8等分として)

材料36×26cm天板1台分

豚バラ肉(かたまり)・・400g
塩・・小さじ1/2
こしょう・・少々

【A】

オリーブ油・・大さじ1
にんにく(薄切り)・・2かけ分
ローズマリー・・1本

ソーセージ・・8本
じゃがいも・・2個(300g)
ブロッコリー・・1株(200g)
カリフラワー・・200g
玉ねぎ・・1個
かぼちゃ・・1/8個(種とわたを除いて200g)
エリンギ・・2本
プチトマト・・10個
オリーブ油・・大さじ3
塩、こしょう・・各適量


作り方

らくらく美味しく作るには

クックパー®クッキングシート

オーブン調理にぴったり。食材がくっつかずサラッとはがれ、仕上りきれい!水や油を通しにくく、後かたづけもラクラクです。

豚肉は1cm厚さで食べやすい大きさに切り、塩、こしょうをすり込む。「ジップロック®ストックバッグ(L)」にAと豚肉を入れ、バッグの上からよくなじませ、30分~1時間ほど漬け込む。


じゃがいもは洗って1つずつ「サランラップ®」でゆったりと包み、電子レンジ(500W)で約5分加熱し、それぞれ8等分に切る。


ブロッコリーは小房に分け、塩少々を入れた熱湯で20秒ほどゆで、ざるにあげておく。


カリフラワーは小房に分け、玉ねぎはくし形切りに、かぼちゃは1cm厚さの一口大に、エリンギは長さを半分に切って縦4等分に切る。プチトマトはヘタをとり、ヘタの反対側に小さく十字の切れ目を入れておく。


ボウルに(2)、(4)を入れ、オリーブ油を回しかけ、塩、こしょうをふり、全体に味をよく行きわたらせる。


「クックパー®クッキングシート」を敷いた天板に、(5)を彩りよくのせ、(1)とソーセージも並べる。160℃に予熱した電気オーブンで約25分焼く。そのまま設定温度を190℃に上げ、庫内の温度が190℃になったら、いったん取り出して(3)を散らし、さらに約10分焼く。(ガスオーブンの場合は、150℃で約25分、180℃で約10分、同様にして焼く。) 


ワンポイント

・天板いっぱいに野菜と肉をぎゅうぎゅうに詰めて焼く「ぎゅうぎゅう焼き」。天板ごとドンとテーブルにのせれば、迫力満点の豪華な1品に。簡単で見映えがよく、おもてなしにおすすめです。
・材料は好みのものでOK。魚介など入れてもよいでしょう。野菜はなるべく水けの出にくいものが向いています。また、根菜など火の通りにくいものは、あらかじめ下加熱しておきましょう。味つけはオリーブ油、塩、こしょうだけでおいしくいただけますが、肉や魚にはハーブや香辛料で下味をつけておくと、味にメリハリがでます



おすすめレシピ

レシピ一覧に戻る

※当レシピは旭化成ホームプロダクツ(株)が提供しております。無許可での転用・転載はご容赦ください。

料理を作る際のご注意

閉じる

  • 商品のパッケージに取り扱い上のご注意などが詳しく記載されています。必ずご覧の上ご使用ください。
  • 1カップは200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5mlを基準としています。
  • 調理時間はあくまでも目安です。漬け込み時間や冷却時間は含んでいません。加熱時間は様子を見ながら加減してください。
  • オーブンの温度と焼き時間は、様子を見ながら加減してください。
  • 600Wの電子レンジを使用の際は、500Wの加熱時間に0.8をかけた時間が目安です。

【「サランラップ®」をお使いの際】

  • 容器にラップをかけるときはゆったりと余裕を持ってかけてください。蒸気でラップが押し上げられ、破れることがあります。
  • 電子レンジ加熱後、蒸気で火傷するおそれがありますので、容器の向こう側からラップをつまみ、手前に引くようにしてはずしてください。

【「ジップロック®」をお使いの際】

  • 「フリーザーバッグ」「ストックバッグ」「スタンディングバッグ」に液状食品を入れて横置きする場合や解凍する場合は、受け皿をご使用ください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジからとり出すときは、容器が熱くなっていますので気をつけてください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱後は、あら熱が取れるまでフタをしないでください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱する際は、フタをずらしてご使用ください。

【「クックパー®」をお使いの際】

  • 加熱後「クックパー®包み」を開く際は、蒸気による火傷にご注意ください。
  • 調理中および調理直後の「フライパン用ホイル」には直接触れないでください。高温で火傷するおそれがあります。
  • 「アク・脂取りシート」を鍋に入れたり取り出す際は、箸などをご使用ください。鍋や煮汁で火傷をするおそれがあります。
  • 「レンジで焼き魚ボックス」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。
      また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出し、魚の身はねや蒸気などによる火傷にご注意ください。
  • 「レンジでから揚げトレー」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出してください。
  • 「レンジでから揚げトレー」は加熱後、から揚げがはじけることがあります。また加熱後の食品やトレーのみぞに落ちた油は熱いので、火傷にご注意ください。