メニュー

春巻きの皮で!アップルシュトゥルーデル風

15分

106kcal/1本分

冷凍食材活用レシピ

印刷

2本分

  • 冷凍したりんご※・・3切れ(75g)
    春巻きの皮・・2枚
    とかしバター・・小さじ2
    グラニュー糖・・5g
    シナモン(パウダー)・・少々
    粉糖(あれば)・・少々
※紅玉、ジョナゴールドなど。

このレシピのおすすめアイテム

クックパー®フライパン用ホイル

アルミ素材なので熱に強く、フライパンやオーブントースターでの調理にも安心して使えます。シリコーン加工だから食材がくっつかず、きれいにはがせます。

冷凍したりんごは室温に10~15分ほど置いて半解凍し、(皮があればむき)1cm厚さに切る。

春巻きの皮2枚に、それぞれとかしバターを塗る。バターの塗っていない面を上にし、グラニュー糖を半量ずつとシナモンパウダーをふりかける。

手前にりんごを並べ、それを中心にして、くるくると巻く。

手前にりんごを並べ、巻いていく。

オーブントースターの天板に「クックパー®フライパン用ホイル」を敷き、(3)を並べ、中~高温で様子を見ながら焼く。途中で1回裏返し、焦げそうな場合はアルミホイルをかぶせて、外側の皮がところどころきつね色になるまで焼く。

「クックパー®フライパン用ホイル」を敷いた天板に並べて焼く。

あら熱をとって食べやすい大きさに切り、粉糖をふる。

ワンポイント

・「アップルシュトゥルーデル」はオーストリアの代表的な菓子で、小麦粉の生地を透けるほど薄くのばし、りんごのフィリングを巻いて、外がぱりぱりになるまで焼いたもの。冷凍したりんごを使うので、りんごを煮る手間が省ける上、市販の春巻きの皮を利用するから、とても簡単に作れます。
・グラニュー糖は、余ったスティックシュガーを使うと便利です。

あれこれ保存メモ

りんごは冷凍保存できます。半解凍でそのまま食べたり、スムージーにもおすすめです。紅玉やジョナゴールドなど調理向きの品種なら、ジャムやコンポートをはじめ、お菓子作りにも使えます。

<<りんごの冷凍保存方法はこちら>>

このレシピのおすすめアイテム

クックパー®フライパン用ホイル

アルミ素材なので熱に強く、フライパンやオーブントースターでの調理にも安心して使えます。シリコーン加工だから食材がくっつかず、きれいにはがせます。

+
  • 商品のパッケージに取り扱い上のご注意などが詳しく記載されています。必ずご覧の上ご使用ください。
  • 1カップは200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5mlを基準としています。
  • 調理時間はあくまでも目安です。漬け込み時間や冷却時間は含んでいません。加熱時間は様子を見ながら加減してください。
  • オーブンの温度と焼き時間は、様子を見ながら加減してください。
  • 600Wの電子レンジを使用の際は、500Wの加熱時間に0.8をかけた時間が目安です。

【「サランラップ®」をお使いの際】

  • 容器にラップをかけるときはゆったりと余裕を持ってかけてください。蒸気でラップが押し上げられ、破れることがあります。
  • 電子レンジ加熱後、蒸気で火傷するおそれがありますので、容器の向こう側からラップをつまみ、手前に引くようにしてはずしてください。

【「ジップロック®」をお使いの際】

  • 「フリーザーバッグ」「ストックバッグ」「スタンディングバッグ」に液状食品を入れて横置きする場合や解凍する場合は、受け皿をご使用ください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジからとり出すときは、容器が熱くなっていますので気をつけてください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱後は、あら熱が取れるまでフタをしないでください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱する際は、フタをずらしてご使用ください。

【「クックパー®」をお使いの際】

  • 加熱後「クックパー®包み」を開く際は、蒸気による火傷にご注意ください。
  • 調理中および調理直後の「フライパン用ホイル」には直接触れないでください。高温で火傷するおそれがあります。
  • 「アク・脂取りシート」を鍋に入れたり取り出す際は、箸などをご使用ください。鍋や煮汁で火傷をするおそれがあります。
  • 「レンジで焼き魚ボックス」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。
      また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出し、魚の身はねや蒸気などによる火傷にご注意ください。
+
  • 商品のパッケージに取り扱い上のご注意などが詳しく記載されています。必ずご覧の上ご使用ください。
  • 1カップは200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5mlを基準としています。
  • 調理時間はあくまでも目安です。漬け込み時間や冷却時間は含んでいません。加熱時間は様子を見ながら加減してください。
  • オーブンの温度と焼き時間は、様子を見ながら加減してください。
  • 600Wの電子レンジを使用の際は、500Wの加熱時間に0.8をかけた時間が目安です。

【「サランラップ®」をお使いの際】

  • 容器にラップをかけるときはゆったりと余裕を持ってかけてください。蒸気でラップが押し上げられ、破れることがあります。
  • 電子レンジ加熱後、蒸気で火傷するおそれがありますので、容器の向こう側からラップをつまみ、手前に引くようにしてはずしてください。

【「ジップロック®」をお使いの際】

  • 「フリーザーバッグ」「ストックバッグ」「スタンディングバッグ」に液状食品を入れて横置きする場合や解凍する場合は、受け皿をご使用ください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジからとり出すときは、容器が熱くなっていますので気をつけてください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱後は、あら熱が取れるまでフタをしないでください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱する際は、フタをずらしてご使用ください。

【「クックパー®」をお使いの際】

  • 加熱後「クックパー®包み」を開く際は、蒸気による火傷にご注意ください。
  • 調理中および調理直後の「フライパン用ホイル」には直接触れないでください。高温で火傷するおそれがあります。
  • 「アク・脂取りシート」を鍋に入れたり取り出す際は、箸などをご使用ください。鍋や煮汁で火傷をするおそれがあります。
  • 「レンジで焼き魚ボックス」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。
      また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出し、魚の身はねや蒸気などによる火傷にご注意ください。