メニュー

サテ・アヤム(インドネシア風串焼き)

40分

107kcal/1串分

世界の料理:インドネシア

印刷

約8串分

  • 鶏胸肉・・300g
    塩・・少々
  • 【A】
  • ケチャップマニス ※1・・大さじ2
    にんにく(すりおろし)・・1かけ分
    玉ねぎ(すりおろし)・・1/4個分
    コリアンダー(パウダー)・・小さじ1/4
    ターメリック(パウダー)・・少々
    サラダ油・・大さじ1
  • 【B】
  • ピーナッツバター(粒入り)※2・・40g
    ケチャップマニス・・大さじ2
    赤とうがらし(小口切り)・・2本分
    レモン汁・・大さじ1
※1:インドネシアの甘口のしょうゆ。サトウヤシからとった黒砂糖が、独特なこくのある甘さを出しています。
※2:無糖でなくてもOK。粒入りがなければピーナッツを刻んで入れるとよいでしょう。

このレシピのおすすめアイテム

ジップロック®ストックバッグ

ダブルジッパーでしっかり密封できるから漬け込み調理にぴったり!バッグ内の空気を抜けば少量の調味液でまんべんなく漬けられ、保存の際も省スペースです。

鶏肉は2cm角に切り、塩をふる。

「ジップロック®ストックバッグ(M)」にAを混ぜ合わせ、(1)の鶏肉を入れてなじませ、空気を抜きながらジッパーを閉める。冷蔵室で1~2時間ほど漬け込む。

「ジップロック®ストックバッグ」で漬け込みだれと肉を合わせる。

Bを混ぜ合わせ、サテソースを作る。

(2)はたれを軽きり、3~4個ずつ串に刺す。

「クックパー®クッキングシート」を敷いた天板に(4)をのせ、220℃に予熱した電気オーブンで10~15分(ガスオーブンの場合は210℃に予熱して同時間)、火が通るまで焼く。

「クックパー®クッキングシート」を敷いた天板にのせオ―ブンで焼く。

器に(5)を盛り、(3)のサテソースをかける。

ワンポイント

・「アヤム」は鶏肉の意味で、「サテ」とはインドネシア風串焼き料理のことです。
・インドネシア風ピクルスの「アチャール」とよく合います。

<<「アチャール」の作り方はこちら>>

このレシピのおすすめアイテム

ジップロック®ストックバッグ

ダブルジッパーでしっかり密封できるから漬け込み調理にぴったり!バッグ内の空気を抜けば少量の調味液でまんべんなく漬けられ、保存の際も省スペースです。

+
  • 商品のパッケージに取り扱い上のご注意などが詳しく記載されています。必ずご覧の上ご使用ください。
  • 1カップは200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5mlを基準としています。
  • 調理時間はあくまでも目安です。漬け込み時間や冷却時間は含んでいません。加熱時間は様子を見ながら加減してください。
  • オーブンの温度と焼き時間は、様子を見ながら加減してください。
  • 600Wの電子レンジを使用の際は、500Wの加熱時間に0.8をかけた時間が目安です。

【「サランラップ®」をお使いの際】

  • 容器にラップをかけるときはゆったりと余裕を持ってかけてください。蒸気でラップが押し上げられ、破れることがあります。
  • 電子レンジ加熱後、蒸気で火傷するおそれがありますので、容器の向こう側からラップをつまみ、手前に引くようにしてはずしてください。

【「ジップロック®」をお使いの際】

  • 「フリーザーバッグ」「ストックバッグ」「スタンディングバッグ」に液状食品を入れて横置きする場合や解凍する場合は、受け皿をご使用ください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジからとり出すときは、容器が熱くなっていますので気をつけてください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱後は、あら熱が取れるまでフタをしないでください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱する際は、フタをずらしてご使用ください。

【「クックパー®」をお使いの際】

  • 加熱後「クックパー®包み」を開く際は、蒸気による火傷にご注意ください。
  • 調理中および調理直後の「フライパン用ホイル」には直接触れないでください。高温で火傷するおそれがあります。
  • 「アク・脂取りシート」を鍋に入れたり取り出す際は、箸などをご使用ください。鍋や煮汁で火傷をするおそれがあります。
  • 「レンジで焼き魚ボックス」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。
      また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出し、魚の身はねや蒸気などによる火傷にご注意ください。
+
  • 商品のパッケージに取り扱い上のご注意などが詳しく記載されています。必ずご覧の上ご使用ください。
  • 1カップは200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5mlを基準としています。
  • 調理時間はあくまでも目安です。漬け込み時間や冷却時間は含んでいません。加熱時間は様子を見ながら加減してください。
  • オーブンの温度と焼き時間は、様子を見ながら加減してください。
  • 600Wの電子レンジを使用の際は、500Wの加熱時間に0.8をかけた時間が目安です。

【「サランラップ®」をお使いの際】

  • 容器にラップをかけるときはゆったりと余裕を持ってかけてください。蒸気でラップが押し上げられ、破れることがあります。
  • 電子レンジ加熱後、蒸気で火傷するおそれがありますので、容器の向こう側からラップをつまみ、手前に引くようにしてはずしてください。

【「ジップロック®」をお使いの際】

  • 「フリーザーバッグ」「ストックバッグ」「スタンディングバッグ」に液状食品を入れて横置きする場合や解凍する場合は、受け皿をご使用ください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジからとり出すときは、容器が熱くなっていますので気をつけてください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱後は、あら熱が取れるまでフタをしないでください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱する際は、フタをずらしてご使用ください。

【「クックパー®」をお使いの際】

  • 加熱後「クックパー®包み」を開く際は、蒸気による火傷にご注意ください。
  • 調理中および調理直後の「フライパン用ホイル」には直接触れないでください。高温で火傷するおそれがあります。
  • 「アク・脂取りシート」を鍋に入れたり取り出す際は、箸などをご使用ください。鍋や煮汁で火傷をするおそれがあります。
  • 「レンジで焼き魚ボックス」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。
      また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出し、魚の身はねや蒸気などによる火傷にご注意ください。