ハートのチョコスコーン

50分
142kcal/1個分

材料直径5cm  約12個分

【A】

薄力粉・・200g
ベーキングパウダー・・小さじ2
グラニュー糖・・40g
塩・・ひとつまみ

バター(食塩不使用)・・60g
牛乳・・100ml  
板チョコレート・・50g

【飾り用】

線描き用チューブ入りチョコやアラザンなどのトッピング材料・・各適宜


作り方

らくらく美味しく作るには

クックパー®フライパン用ホイル

アルミ素材なので熱に強く、フライパンやオーブントースターでの調理にも安心して使えます。シリコーン樹脂加工だから食材がくっつかず、きれいにはがせます。

下準備

・Aはボウルに合わせてふるい、冷蔵室で冷やしておく。
・バターは1~2cm角に切り、30分ほど冷凍室で冷やしておく。
・チョコレートは6~7mm角くらいに切っておく。


Aを入れて冷やしたボウルに冷たいバターを加え、スケッパーやカード、ゴムべらなどでバターを切るようにして粉と合わせていく。バターがあずき粒くらいまで細かくなったら、バターと粉を指先ですり合わせ、サラサラの状態にする。

  • バターがとけないようにカードなどで切るようにして粉と合わせる。
  • バターと粉を指先ですり合わせ、サラサラな状態にする。

(1)はバターがとけているようならいったん冷蔵室で休ませ、冷たい牛乳を加え混ぜ、チョコレートも加え、練らないように混ぜ合わせる。ひとまとめにし、「サランラップ®」で包み、30分ほど冷蔵室で休ませる。


生地を1cmくらいの厚みにめん棒でのばし、打ち粉(強力粉、分量外)をつけたハート型(直径5cm程度のもの)で抜く。抜いた残りの生地は再びまとめ、同様にのばして型抜きする。

打ち粉をつけたハート型で抜く。


(3)を「クックパー®フライパン用ホイル」を敷いたオーブントースターの天板に並べ、温めておいたオーブントースターで約15分焼く。初めの5分は高温で、残りは中温で、上火が強すぎるようなら途中でアルミホイルをかぶせるなどして焼く。

生地が2倍の高さに膨らむぐらいまで焼く。


金網などにとって冷まし、好みのデコレーションをする。


ワンポイント

・バターと粉類を合わせるとき、また合わせたあとも、常にバターがとけないように作業をするのがコツです。
・温度調節可能なオーブントースターの場合は、初めの5分は210~220℃、残りは190~200℃で焼くとよいでしょう。



おすすめレシピ

レシピ一覧に戻る

※当レシピは旭化成ホームプロダクツ(株)が提供しております。無許可での転用・転載はご容赦ください。

料理を作る際のご注意

閉じる

  • 商品のパッケージに取り扱い上のご注意などが詳しく記載されています。必ずご覧の上ご使用ください。
  • 1カップは200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5mlを基準としています。
  • 調理時間はあくまでも目安です。漬け込み時間や冷却時間は含んでいません。加熱時間は様子を見ながら加減してください。
  • オーブンの温度と焼き時間は、様子を見ながら加減してください。
  • 600Wの電子レンジを使用の際は、500Wの加熱時間に0.8をかけた時間が目安です。

【「サランラップ®」をお使いの際】

  • 容器にラップをかけるときはゆったりと余裕を持ってかけてください。蒸気でラップが押し上げられ、破れることがあります。
  • 電子レンジ加熱後、蒸気で火傷するおそれがありますので、容器の向こう側からラップをつまみ、手前に引くようにしてはずしてください。

【「ジップロック®」をお使いの際】

  • 「フリーザーバッグ」「ストックバッグ」「スタンディングバッグ」に液状食品を入れて横置きする場合や解凍する場合は、受け皿をご使用ください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジからとり出すときは、容器が熱くなっていますので気をつけてください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱後は、あら熱が取れるまでフタをしないでください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱する際は、フタをずらしてご使用ください。

【「クックパー®」をお使いの際】

  • 加熱後「クックパー®包み」を開く際は、蒸気による火傷にご注意ください。
  • 調理中および調理直後の「フライパン用ホイル」には直接触れないでください。高温で火傷するおそれがあります。
  • 「アク・脂取りシート」を鍋に入れたり取り出す際は、箸などをご使用ください。鍋や煮汁で火傷をするおそれがあります。
  • 「レンジで焼き魚ボックス」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。
      また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出し、魚の身はねや蒸気などによる火傷にご注意ください。
  • 「レンジでから揚げトレー」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出してください。
  • 「レンジでから揚げトレー」は加熱後、から揚げがはじけることがあります。また加熱後の食品やトレーのみぞに落ちた油は熱いので、火傷にご注意ください。