メニュー

乳酸キャベツ

印刷

キャベツ1個分

  • キャベツ・・1個(正味1kg)
    塩・・20g(キャベツの2%)
    砂糖・・小さじ1/2
    好みの香辛料※・・適宜
※赤とうがらし、ローリエ、黒粒こしょう、ディル(シード)、キャラウェイ(シード)など。

このレシピのおすすめアイテム

ジップロック®ストックバッグ

ダブルジッパーでしっかり密封できるから漬け込み調理にぴったり!バッグ内の空気を抜けば少量の調味液でまんべんなく漬けられ、保存の際も省スペースです。

キャベツはかたい外葉を除いて軽く洗い、せん切りにする。

「ジップロック®ストックバッグ(L)」に半量のキャベツと半量の塩を入れ、ジッパーを閉めて軽くふり、塩をなじませる。

すぐに中身が落ち着いてくるので、残りのキャベツに、砂糖、香辛料、塩をまぶしながら(2)に加える。ジッパーを閉めてバッグを軽くふり、全体に調味料をいきわたらせて、しばらくおく。

少しおいてキャベツがしんなりしてきたらいったんジッパーを開け、バッグの上からぎゅっと手のひらで押しながら、なるべく空気を抜いてジッパーを閉める。トレーやバットなどにのせ、室温で発酵するまでおく(小さな泡が出て、酸味が出てくるのが発酵の目安)。

バッグ内の空気を抜いてジッパーを閉め、トレーやバットにのせて発酵させる。

発酵後は、清潔な容器に移しかえて、冷蔵室で保存する。

活用法1 あえものに

活用法2 ごはんに混ぜ込んで

活用法3 めんのトッピングに

活用法4 炒め物に

ワンポイント

・ドイツの「ザワークラウト」と同じように、キャベツを塩で漬けるだけでできる発酵食品です。さわやかな酸味が出てきたら、食べごろです。
・失敗なく発酵させるためには、バッグ内の空気をなるべく抜くのがポイントです。
・そのままでは塩けがやや強いので、さわやかな酸味を生かし、調理に利用するとよいでしょう。スープやチャーハン、塩焼きそばの具にしてもおいしく、いろいろなメニューに活用できます。

このレシピのおすすめアイテム

ジップロック®ストックバッグ

ダブルジッパーでしっかり密封できるから漬け込み調理にぴったり!バッグ内の空気を抜けば少量の調味液でまんべんなく漬けられ、保存の際も省スペースです。

+
  • 商品のパッケージに取り扱い上のご注意などが詳しく記載されています。必ずご覧の上ご使用ください。
  • 1カップは200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5mlを基準としています。
  • 調理時間はあくまでも目安です。漬け込み時間や冷却時間は含んでいません。加熱時間は様子を見ながら加減してください。
  • オーブンの温度と焼き時間は、様子を見ながら加減してください。
  • 600Wの電子レンジを使用の際は、500Wの加熱時間に0.8をかけた時間が目安です。

【「サランラップ®」をお使いの際】

  • 容器にラップをかけるときはゆったりと余裕を持ってかけてください。蒸気でラップが押し上げられ、破れることがあります。
  • 電子レンジ加熱後、蒸気で火傷するおそれがありますので、容器の向こう側からラップをつまみ、手前に引くようにしてはずしてください。

【「ジップロック®」をお使いの際】

  • 「フリーザーバッグ」「ストックバッグ」「スタンディングバッグ」に液状食品を入れて横置きする場合や解凍する場合は、受け皿をご使用ください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジからとり出すときは、容器が熱くなっていますので気をつけてください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱後は、あら熱が取れるまでフタをしないでください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱する際は、フタをずらしてご使用ください。

【「クックパー®」をお使いの際】

  • 加熱後「クックパー®包み」を開く際は、蒸気による火傷にご注意ください。
  • 調理中および調理直後の「フライパン用ホイル」には直接触れないでください。高温で火傷するおそれがあります。
  • 「アク・脂取りシート」を鍋に入れたり取り出す際は、箸などをご使用ください。鍋や煮汁で火傷をするおそれがあります。
  • 「レンジで焼き魚ボックス」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。
      また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出し、魚の身はねや蒸気などによる火傷にご注意ください。
+
  • 商品のパッケージに取り扱い上のご注意などが詳しく記載されています。必ずご覧の上ご使用ください。
  • 1カップは200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5mlを基準としています。
  • 調理時間はあくまでも目安です。漬け込み時間や冷却時間は含んでいません。加熱時間は様子を見ながら加減してください。
  • オーブンの温度と焼き時間は、様子を見ながら加減してください。
  • 600Wの電子レンジを使用の際は、500Wの加熱時間に0.8をかけた時間が目安です。

【「サランラップ®」をお使いの際】

  • 容器にラップをかけるときはゆったりと余裕を持ってかけてください。蒸気でラップが押し上げられ、破れることがあります。
  • 電子レンジ加熱後、蒸気で火傷するおそれがありますので、容器の向こう側からラップをつまみ、手前に引くようにしてはずしてください。

【「ジップロック®」をお使いの際】

  • 「フリーザーバッグ」「ストックバッグ」「スタンディングバッグ」に液状食品を入れて横置きする場合や解凍する場合は、受け皿をご使用ください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジからとり出すときは、容器が熱くなっていますので気をつけてください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱後は、あら熱が取れるまでフタをしないでください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱する際は、フタをずらしてご使用ください。

【「クックパー®」をお使いの際】

  • 加熱後「クックパー®包み」を開く際は、蒸気による火傷にご注意ください。
  • 調理中および調理直後の「フライパン用ホイル」には直接触れないでください。高温で火傷するおそれがあります。
  • 「アク・脂取りシート」を鍋に入れたり取り出す際は、箸などをご使用ください。鍋や煮汁で火傷をするおそれがあります。
  • 「レンジで焼き魚ボックス」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。
      また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出し、魚の身はねや蒸気などによる火傷にご注意ください。