ストロベリーショートケーキ

90分
428kcal/1人分(8等分として)

材料直径18cmスポンジ1台分

スポンジケーキ(直径18cm)※・・1台
いちご・・約1パック

【A】

生クリーム(乳脂肪分35~48%)・・400ml
砂糖・・大さじ4

【B】

水・・100ml
砂糖・・40g
さくらんぼのリキュール・・大さじ1~2

※スポンジを手作りされる方は下のリンクからレシピがご覧になれます。
<<「共立てスポンジ」の作り方はこちら>>
<<「別立てスポンジ」の作り方はこちら>>


作り方

らくらく美味しく作るには

クックパー®クッキングシート

サラッとはがれて仕上がりきれい!ケーキ、クッキーの敷き紙からチョコレートの冷やし固めまで、お菓子作りに欠かせません。

ボウルにAを入れ、氷水に当てながら6分立てのホイップクリームにする。「サランラップ®」でふたをし、冷蔵室で30分~1時間冷やす(いったん冷やすことでクリームがボソボソしにくくなる)。

とろとろとゆるく流れるくらいが6分立ての目安。


耐熱容器にBを入れて混ぜ、電子レンジ(500W)で約1分加熱し、冷めたらリキュールを加え、シロップを作る。


いちごは飾り用を残し、縦半分に切っておく。


スポンジケーキを横半分に切り、両方の断面に(2)のシロップを塗る。

あらかじめガイドラインをつけておくと切りやすい。


(1)の1/2量を別のボウルにとり、さらに泡立て、7分立てにする。


下のスポンジケーキの上に(5)のクリームの1/3量を塗り広げる。半分に切ったいちごを並べ、さらに1/3量のクリームをのせて広げ、上のスポンジケーキを重ねる。

切りにくいので、いちごは中央にはのせない。


上面と側面全体にシロップを塗り、(5)の残り1/3量のクリームで、薄く全体を下塗り(生地が透けて見える程度でよい)し、冷蔵室で30分ほど冷やす。

すき間をうめ、表面のザラつきをならすように薄く塗る。


残りのホイップクリームを7分立てにし、半量を(6)の下塗りしたスポンジにのせ、パレットナイフで塗り広げる。

  • 一気にクリームを流し、上面をならしながら側面にたらすように広げる。
  • 側面にたれたクリームをパレットナイフを立てながら下まで塗り広げる。
  • パレットナイフでなぞるように外側を整える。

余ったホイップクリームは、ゆるいようなら様子を見て軽く泡立て、絞り出し袋に入れ、絞り出す。いちごを飾ってできあがり。


ワンポイント

【スポンジを手作りされる場合】
デコレーションケーキに使うスポンジは、別立て、共立てどちらでもOK。共立てはこくとしっかりした感じが、別立ては、軽くて白っぽくさっぱりしているのがそれぞれの特徴です。お好みで作ってください。初心者の方は別立ての方が失敗は少ないかもしれません。



おすすめレシピ

レシピ一覧に戻る

※当レシピは旭化成ホームプロダクツ(株)が提供しております。無許可での転用・転載はご容赦ください。

料理を作る際のご注意

閉じる

  • 商品のパッケージに取り扱い上のご注意などが詳しく記載されています。必ずご覧の上ご使用ください。
  • 1カップは200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5mlを基準としています。
  • 調理時間はあくまでも目安です。漬け込み時間や冷却時間は含んでいません。加熱時間は様子を見ながら加減してください。
  • オーブンの温度と焼き時間は、様子を見ながら加減してください。
  • 600Wの電子レンジを使用の際は、500Wの加熱時間に0.8をかけた時間が目安です。

【「サランラップ®」をお使いの際】

  • 容器にラップをかけるときはゆったりと余裕を持ってかけてください。蒸気でラップが押し上げられ、破れることがあります。
  • 電子レンジ加熱後、蒸気で火傷するおそれがありますので、容器の向こう側からラップをつまみ、手前に引くようにしてはずしてください。

【「ジップロック®」をお使いの際】

  • 「フリーザーバッグ」「ストックバッグ」「スタンディングバッグ」に液状食品を入れて横置きする場合や解凍する場合は、受け皿をご使用ください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジからとり出すときは、容器が熱くなっていますので気をつけてください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱後は、あら熱が取れるまでフタをしないでください。
  • 「コンテナー」「スクリューロック®」を電子レンジ加熱する際は、フタをずらしてご使用ください。

【「クックパー®」をお使いの際】

  • 加熱後「クックパー®包み」を開く際は、蒸気による火傷にご注意ください。
  • 調理中および調理直後の「フライパン用ホイル」には直接触れないでください。高温で火傷するおそれがあります。
  • 「アク・脂取りシート」を鍋に入れたり取り出す際は、箸などをご使用ください。鍋や煮汁で火傷をするおそれがあります。
  • 「レンジで焼き魚ボックス」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。
      また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出し、魚の身はねや蒸気などによる火傷にご注意ください。
  • 「レンジでから揚げトレー」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出してください。
  • 「レンジでから揚げトレー」は加熱後、から揚げがはじけることがあります。また加熱後の食品やトレーのみぞに落ちた油は熱いので、火傷にご注意ください。